トップ > 市長の部屋 > 新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント

これまでの新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年9月13日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
大月市は、まん延防止等重点措置の対象からはずれました。
しかし、新型コロナウイルスは、私たちのまわりに存在しています。
市内の新規感染者の中には、感染力の強いデルタ株が確認されています。
市民の皆さまには、改めて、マスクや手洗いなどの基本的な感染対策の徹底をお願します。
また、家庭内、職場内での感染対策や不要な外出の自粛をお願いします。
市民一丸となって、この厳しい状況を乗り越えていきましょう。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年8月20日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いいたします。
全国的に新規感染者が増加するなか、山梨県は、8月20日から9月12日までの期間、大月市を「まん延防止等重点措置」の対象区域といたしました。
県内では、今月に入り、新規感染者が急増し、市内でも感染者が確認されています。
また、県内医療機関の病床数は、ひっ迫の度合いを増しています。
市民の皆さまには、改めて、感染拡大を食い止めるため不要不急の外出の自粛と徹底した感染防止対策を家庭内でもお願いいたします。
ワクチン接種は感染拡大を食い止める対策として非常に有効です。
自分だけでなく、家族のため、大切な人のためにも、ワクチン接種の促進にご協力をお願いいたします。
なお、休館をしている社会教育施設などは、9月12日まで、休館を延長いたしますので、ご理解をお願いいたします。
大変、厳しい状況ではありますが、市民が一丸となって乗り越えましょう。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年8月6日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いします。
東京都を含む都府県に出されている緊急事態宣言が延長されました。
感染力が強い変異株が流行しています。
自分と周囲の人を守るため、市民の皆さまには、改めて不要不急の外出を控え、感染防止対策を徹底するようご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年5月11日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いします。
東京都を含む都府県に出されている緊急事態宣言が延長されました。
感染力が強い変異株が流行しています。
自分と周囲の人を守るため、市民の皆さまには、改めて不要不急の外出を控え、感染防止対策を徹底するようご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年4月28日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いします。
現在、東京都を含む、4都府県に緊急事態宣言が発出されています。明日からのゴールデンウイークでは、人との接触や外出の機会が増えますが、市民の皆さまには、改めて、不要不急の外出を控え、十分な注意と感染防止対策を徹底するよう、ご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年4月13日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いいたします。
首都圏は、依然、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加しています。
本市から多くの方が通勤、通学をしている東京都では、まん延防止等重点措置の対象区域となっている地域があります。
これから陽気もよくなり、外出の機会も増えていきますが、市民の皆さまには改めて感染リスクの高い場所への外出には、十分な注意と感染防止対策を徹底するようご協力をお願いいたします。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないようお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和3年1月8日現在)

皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルス感染症に関するお願いです。
政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大と医療の崩壊を防ぐため、東京都を含む1都3県を対象に、緊急事態宣言を発令しました。
山梨県は、対象区域ではありませんが県内の感染者数も増加が続いています。
県知事は、「これまで以上の積極的な感染対策への対応」や「東京都を含む対象区域との移動自粛」などのメッセージを発表しています。
本市からも多くの方が、首都圏に通勤、通学をしています。
市民の皆さまには、新しい年を迎えたばかりですが、目に見えない新型コロナウイルスは、私たちのすぐそばまで近づいています。
引き続き、3密の回避、マスクや手洗いなどの基本的な感染防止対策の徹底、さらには不要不急の外出や会食を控えるなど、今は自粛してください。
また、SNSなどによるデマや差別、誹謗中傷などの拡散は、絶対に行わないようお願いいたします。
市民の皆さまのご理解とご協力を心からお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年12月18日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いいたします。
11月から新規感染者が全国で増加しており、感染が拡大している地域への外出には厳重な注意が必要な状況です。
本市から多くの方が通勤、通学をしている首都圏は急激に新規感染者数が増加しています。
県内の感染者数も増加し、市内でも感染者が確認され、私たちの周りにもコロナウイルスは存在しています。
これから、クリスマスや年末年始にかけ、人との接触や飲食などの機会も増えてきます。
市民の皆さまには、感染リスクの高い場所への外出は、十分な感染防止対策と、より一層の注意をお願いいたします。
ご自分やご家族を守るため、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染対策と、「うつらない」、「うつさない」ための行動を引き続き徹底してください。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないよう改めてお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年12月15日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いいたします。
首都圏は、依然、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加しています。
本市から多くの方が通勤、通学をしている東京都では、まん延防止等重点措置の対象区域となっている地域があります。
これから陽気もよくなり、外出の機会も増えていきますが、市民の皆さまには改めて感染リスクの高い場所への外出には、十分な注意と感染防止対策を徹底するようご協力をお願いいたします。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないようお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年11月27日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスに関するお願いです。
山梨県知事は、26日に新型インフルエンザ特措法に基づく協力要請を来年2月28日まで延長いたしました。
11月に入り新規感染者が全国で急激に増加しており、感染が拡大している地域への外出には厳重な警戒が必要な状況です。
これから年末年始にかけて、飲食や会食の機会が増えますので、改めて感染防止対策を徹底するようにお願いいたします。
なお、医療従事者や感染者などへの差別や誹謗・中傷は、絶対に行わないでください。
市民の皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年9月30日現在)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
山梨県知事は、29日に新型インフルエンザ特措法に基づく協力要請を11月30日まで延長いたしました。
本市から多くの方が通勤、通学をしている首都圏域は、いまだ多くの新規感染者が発生しています。
ご自分やご家族を守るため、日ごろから人混みや3密のある場所の回避、身体的距離の確保、マスク、手洗いなどの基本的な感染対策と「感染しない」、「感染させない」ための行動を引き続き徹底してください。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないよう改めてお願いいたします。
市民の皆さまには引き続き感染防止の徹底にご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年8月28日)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
山梨県知事は、27日に県内での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新型インフルエンザ特措法に基づく、イベントや施設の休業要請を9月30日まで延長いたしました。
本市から多くの方が通勤、通学をしている首都圏域は新規感染者数が増加しています。
県内での感染者も増加し、危険な状況は私たちのすぐそこまで近づいています。
土日や9月の4連休の期間、市民の皆さまには感染リスクの高い場所への外出は、十分な感染防止対策とより一層の注意が求められます。
ご自分やご家族を守るため、日ごろから人混みや3密のある場所の回避、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染対策と「うつらない」、「うつさない」ための行動を引き続き徹底してください。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないよう改めてお願いいたします。
新型コロナウイルスとは長い戦いとなりますが、市民の皆さまには引き続き感染防止の徹底にご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年8月7日)

市民の皆さま 大月市長の小林信保です。
山梨県知事は、先月29日に県内での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新型インフルエンザ特措法に基づく、イベントや施設の休業要請を8月31日まで延長いたしました。
本市から多くの方が通勤、通学をしている首都圏域は新規感染者数が増加しています。
県内での感染者も増加し、危険な状況は、私たちのすぐそこまで近づいています。
明日からの3連休とお盆の期間、市民の皆さまには、感染リスクの高い場所への外出は、十分な感染防止対策と、より一層の注意が求められます。
ご自分やご家族を守るため、日ごろから人混みや3密のある場所の回避、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染対策と、「うつらない」、「うつさない」ための行動を引き続き徹底してください。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないよう改めてお願いいたします。
新型コロナウイルスとは、長い戦いとなりますが、市民の皆さまには、引き続き感染防止の徹底にご協力をお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年5月15日)

内閣総理大臣は5月14日、山梨県を含む39県に発令していた緊急事態宣言の解除を発表しました。
山梨県内では5月に入り感染者は減少していますが、本市からは首都圏に多くの方が通勤、通学をしております。
山梨県の緊急事態宣言が解除されたからといって、油断をしないでください。
新型コロナウイルスの感染は、まだ収まっていません。
気のゆるみから、また感染拡大につながる恐れがあります。
市民の皆さまには、引き続き「感染しないための手洗い」や「感染させないためのマスク着用の徹底」と「この週末も不要な外出の自粛と県外への移動」、「毎日の健康チェック」など、感染防止対策を家族全員でお願いいたします。
一日も早い終息を目指し、市民の皆さまにはご負担をおかけしますが、もう少しの間ご協力をお願い申し上げます。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年5月1日)

市民の皆さま、大月市長の小林信保です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市民の皆さまに改めてお願いします。
緊急事態宣言が発出されている首都圏および県内でも、新型コロナウイルスの新規感染者数が急激に増加していることから、市民の皆さまには、このお盆や夏休み期間中の不要不急の外出を極力控え、手洗いやアルコール消毒等、感染防止対策を徹底するよう、ご協力をお願いします。
また、SNSなどによる医療従事者や感染された方などへの差別や誹謗中傷は、絶対に行わないようお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症に関する大月市長コメント(令和2年4月24日)

緊急事態宣言が発令されてから1週間が経過しましたが、県内での感染者は依然として増加しています。
市民の皆さまにはこの週末、そして来週からのゴールデンウィークには、人と人との接触を減らすため、さらなる外出の自粛をお願いします。
この状況がいつ収束するかわからず、市民の皆さまも不安な日々を過ごしていると思いますが、ご自身の身を守るため、ご家族や周りの方々の身を守るためにも、不要な外出をしないよう強くお願いいたします。

小林信保

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市長コメント(令和2年4月17日)

皆さま 大月市長の小林です。
内閣総理大臣が全国を対象区域とした、緊急事態宣言を発令いたしました。
市民の皆さまには、これまでも小中学校の臨時休校、市主催事業の中止や延期、市の施設の休館や貸し出しの中止、休日の外出自粛などに、ご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
4月になって、感染者は全国で増加しており、今回の緊急宣言は、日本全体の危機だと感じております。
また、県内でも、感染者は毎日増えており、感染経路の不明者も増加しています。
市民の皆さまには、引き続き「密閉」、「密集」、「密接」の、三つの「密」が重なる場所を作らない、そして、近づかない、そして、「感染しないための手洗い」や「感染させないためのマスクの着用」の徹底と外出自粛を5月6日までの間、これまで以上の自己防衛をお願いいたします。
コロナウイルスという、目に見えない敵と戦い、封じ込めるためには市民の皆さまのご協力は欠かすことができません。
一刻も早い収束を目指し、市民の皆さまのご理解、そして、ご協力を心よりお願い申し上げます。

小林信保

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市長コメント(令和2年4月8日)

皆さま 大月市長の小林です。
東京都を含む7都府県を対象区域として、緊急事態宣言が発令されました。
市民の皆さまには、これまでも小中学校の臨時休校、市主催事業の中止や延期、市の施設の休館や貸し出しの中止、休日の外出自粛など、感染症対策に当たり、ご協力をいただき心から感謝申し上げます。
しかし、今回の対象地区である東京都などでは、感染者が日々増加しており、医療崩壊も危惧されています。
本市からも、首都圏に多くの方が通勤・通学をしており、本市の生活圏とも言えることから、4月9日から、再度、市内小中学校を休校するという決断をいたしました。
今後も、市民の皆さまには、この状況をご理解いただき、引き続き「密閉」、「密集」、「密接」の、三つの「密」が重なる場所を作らない、そして、近づかない、さらに、基本的なことですが、「感染しないための手洗い」や「感染させないためのマスクの着用」の徹底と首都圏方面を中心に不要不急の外出を控えるなど、正確な情報に基づき、適切な行動に努めていただきますようお願いいたします。
コロナウイルスという、目に見えない敵と戦い、封じ込めるためには市民の皆さんのご協力は欠かすことができません。
一刻も早い収束を目指し、市民の皆さまのご理解、そして、ご協力を心よりお願い申し上げます。

小林信保

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市長コメント(令和2年3月12日)

世界保健機構(WHO)がパンデミックを発表しました。
目に見えないウィルスに対するということ、正確な情報とそうでないものが入り混じってしまっていること、収束が見通せないことなどから多くの方が不安に思っておられると思います。
本市におきましてもいつ感染者がでてもおかしくないという状況の中、施設の閉館や行動の自粛など不自由な思いをさせてしまうこととなっておりますが、この正体の見えないウィルスに対しできうる限りの情報収集に努め、感染症の拡大防止対策及び正確でわかりやすい情報を提供してまいります。
市民の皆様におかれましては、落ち着いて行動していただくとともに、新型コロナウイルスに関する最新の情報にご留意のうえ、感染予防に努めていただきますよう心よりお願いいたします。

お問い合わせ先

総務部 秘書広報課 秘書担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8004
FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ