トップ > 市政・情報公開 > 施策・計画 > ㈱山梨中央銀行との連携に関する協定

㈱山梨中央銀行との連携に関する協定を締結しました

 平成29年10月17日に、㈱山梨中央銀行と大月市の間で、本市の地域経済活性化に資することを目的とした相互の連携に関する協定を締結しました。
 少子高齢化・人口減少という時代を迎えた今、㈱山梨中央銀行がこれまで培ってきた経験や知見、ネットワークを活かしたコンサルティング能力を発揮し、大月市の活性化を図り、地域活力の創出と魅力あるまちづくりの実現のため、相互に連携した取り組みを進めていくこととなりました。
 今回の㈱山梨中央銀行との連携に関する協定は、「移住定住促進」、「子育て支援」、「農商工業の活性化」、「観光振興」、「まちづくり」と、多岐にわたる内容となっています。

【本協定による連携施策等具体的な取り組み】
・大月市立地適正化計画に関する情報を共有し、当該計画に基づく事業実施に向けての連携。
・連携協定締結と同時に「大月市提携住宅ローン」の取扱いの開始。
 移住定住を促進するため、「大月市定住促進住宅取得助成金制度」及び「大月市定住促進中古住宅取得助成金制度」を利用される方を対象に、特別金利による住宅ローンのお取扱いをします。

お問い合わせ先

総務部 企画財政課 地域活性化担当
大月市大月二丁目6-20
ダイヤルイン:0554-23-5011 FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ