トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 大月市 地域包括支援センター

大月市地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

利用対象者は?

  • 高齢の方やその家族など
  • ひとり暮らしで日常生活に不安がある方
  • 「生活元気度チェック票」等で介護予防事業の参加が必要な方(二次・一次予防対象者)
  • 要支援1・2の認定を受け、介護予防サービスを利用される方
  • 寝たきりや認知症で介護が必要な方

どうやって利用する?

ご相談があるときは、まずはお電話(0554-23-8034)をいただくか、地域包括支援センターまで直接お越しください。
ご相談内容によっては、ご自宅へのご訪問も可能です。

・・・・相談は・・・・
相談日時:月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時15分
電話番号:0554-23-8034
対象者:主に65歳以上の方

成年後見制度

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々が、不動産や預貯金などの財産を管理したり、介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをすることが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であっても判断ができずに契約を結び、悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが 成年後見制度 です。

成年後見制度を利用するには、家庭裁判所に後見開始の審判等を申立てる必要があります。また、身寄りがいないために、家庭裁判所に申立てすることが出来ない場合など、ご心配なことがありましたら、ぜひ、ご相談ください。

法務省民事局 成年後見制度(成年後見制度について、詳しく説明されています。)

高齢者虐待防止

地域ケアマネジャー支援

介護予防・日常生活支援総合事業

認知症サポーター養成講座

お問い合わせ先

市民生活部 保健介護課 介護予防担当
大月市大月二丁目6-20
ダイヤルイン:0554-23-8034 FAX:0554-22-6422

▲ページのトップへ