トップ > 文化・スポーツ > 生涯学習施設 > 大月市郷土資料館

大月市郷土資料館

 

 大月市郷土資料館は、大月市の歩んできた歴史を学習することができる施設です。平成3年に開館して以来、地域の学習の場として幅広い年代の方々に利用されています。
 発掘調査によって得られた縄文時代~戦国時代の資料をはじめ、市民の方々より寄贈いただきました生活道具が展示されており、大月市の歴史とそこに生きた人々について学ぶことができます。

お知らせ

展示案内

1階展示室

 1階展示室では、一昔前まで大月市内で生活・生業に使用されていた道具が展示されています。

2階展示室

 2階展示室では、大昔、大月市が海であった時代から、縄文時代の生活、戦国時代の岩殿城、江戸時代の甲州街道、明治時代の水力発電所の建設や鉄道開通後の様子など、大月市の歩んだ原始から近代までの歴史について、資料、パネルを使って紹介しています。

イベント情報

郷土の歴史探検ツアー参加者募集!
平成29年11月25日(土)に、ウォーキングしながら市内の文化財の見学をします。
今年度は「古刹宝鏡寺と寛城のカエデを巡るツアー」と題して、JR猿橋駅から七保町林にある宝鏡寺までを歩きます。
参加費 無料
持ち物 弁当、飲み物、雨具、保険証
お申し込みは郷土資料館までご連絡ください(先着20名)。

詳しくはチラシPDFファイル(1136KB)をご覧ください。 
※本年度は終了しました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

大月市の文化財について

大月市の文化財一覧PDFファイル(142KB)
国指定文化財PDFファイル(262KB)
県指定文化財PDFファイル(849KB)
市指定文化財(2498KB)
国登録文化財PDFファイル(220KB)

埋蔵文化財包蔵地内における土木工事等の実施について

銃砲刀剣類の登録について(山梨県庁サイト)

大月市郷土資料館友の会について

・古文書研究の会
  郷土に残された古文書をテキストに講読会をします。

・植物研究の会
  市内や近郊の野山・植物園を訪れ、季節の植物などを見て歩きます。


 会員は上記2分科会に所属して活動に参加できます。
 会員には会報「かけはし」が送付され、毎月の活動計画を通知します(酷暑期や厳冬期には活動を休止する分科会もあります)。
 年会費は1,500円です。
 入会手続きは大月市郷土資料館で受け付けています。
 詳しいお問い合わせは大月市郷土資料館までお願いします。

ご利用案内

開館時間
 午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日
 月曜日、祝日の翌日、12月28日~1月4日

入館料
 1名100円(中学生以下は無料)
 20名以上の場合、1名80円

JR中央線猿橋駅より徒歩10分、中央高速自動車道大月インターより車で15分、上野原インターより車で30分

お問い合わせ先

郷土資料館
大月市猿橋町猿橋313-2
ダイヤルイン:0554-23-1511 FAX:0554-23-1512

▲ページのトップへ