トップ > 業務案内 > 福祉介護課 > ウクライナ人道危機救援金について

「ウクライナ人道危機救援金」について

「ウクライナ人道危機救援金」について

ウクライナ各地で激化している戦闘により、多くの市民が緊張と不安の中で過ごしています。すでに子どもを含む市民の死傷者が報告され、市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。

この状況を受け、日本赤十字社は、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するため、海外救援金を募集しています。


大月市においても、募金活動に協力するため、下記のとおり市庁舎などに募金箱を設置します。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

・受付期間

令和4年3月11日(金)から令和4年9月30日(金)まで

※設置期間を9月30日(金)まで延長します。

※日本赤十字社の受付期間の延長等により、設置期間を延長する場合があります。

・募金箱の設置場所

(1)大月市役所(本庁舎) 市民課
(2)大月市社会福祉協議会

・(参考)開庁・開庁時間

(1)大月市役所      8:30~17:15(土・日・祝日は休み)
(2)大月市社会福祉協議会 8:30~17:30(日・祝日は休み)

・受領証明書について

この募金につきましては、受領証明書を発行いたしません。

受領証明書が必要な場合は、日本赤十字社等の募金受付団体へ問い合わせの上、直接団体等へ寄附をお願いします。

・直接送金する場合など

日本赤十字社へ直接送金(ゆうちょ銀行・郵便局・銀行振込・コンビニエンスストア・Pay-easy)される場合など、当救援金の詳しい内容はこちらをご覧ください。

日本赤十字社ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

・詐欺にご注意を

本市職員の名をかたり、電話・メール・訪問等で募金を求めることはありません。不審な電話がかかってきた場合は、すぐに電話を切るようにしてください。

見舞金、寄附金名目を含め、詐欺の恐れもありますのでご注意願います。

お問い合わせ先

市民生活部 福祉介護課 福祉総務担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8030
FAX:0554-22-6422

▲ページのトップへ