トップ > くらし・生活 > 税金 > 大月市 住民税の申告について

令和2年度住民税の申告について

令和2年1月1日現在、大月市に住所または居所を有する方は、前年中の所得金額などの状況を申告書に記入し、提出しなければなりません。

住民税の申告は、前年の収入の有無等を市役所に届け出るもので、収入がない方も申告の必要があります。申告がない場合、公営住宅入居・児童手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

次に該当する方は原則申告の必要はありません

  1. 税務署に確定申告書を提出する方
  2. 給与以外の所得がない会社員やパートタイマー等で、勤務先から市へ給与支払報告書が提出されている方(※注意)
  3. 公的年金等の収入のみで、日本年金機構等から公的年金等支払報告書が市に提出されている方(※注意)
  4. 給与・公的年金等の収入のみで、勤務先・日本年金機構等から、それぞれ給与支払報告書・公的年金等支払報告書が市に提出されている方(※注意)
  5. 同世帯の親族に扶養されている方で、所得が28万円以下の方

 
 ※〈注意〉各種控除の適用を受けようとする方は除く。

公的年金等に係る確定申告不要制度について

所得税
平成23年分の所得税確定申告から公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ公的年金等にかかる雑所得以外の所得が20万円以下である場合には、税務署への確定申告が不要となりました。
(医療費控除等の追加により所得税の還付を受ける場合は、確定申告をすることができます)
住民税
確定申告不要制度により確定申告を行わなかった方で、公的年金等に係る雑所得以外の所得がある方は住民税の申告が必要です。また、公的年金などの源泉徴収票の内容に追加や変更する控除(扶養控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険控除など)がある場合は住民税の申告が必要な場合があります。

申告の方法

申告に必要なもの
1.申告書
2.印鑑
3.収入金額等を証明するもの(平成31年1月から令和元年12月分)
 (ア)給与所得者は、源泉徴収票または勤務先からの給与支払明細書
 (イ)年金受給者は、源泉徴収票
 (ウ)事業所得者および不動産所得者は収支内訳書(帳簿書類)
 (エ)雑所得のある方は収入額を証明するもの(支払調書等)および必要経費の領収書
4.各種控除の適用を受ける際の証明となるもの(一例)
 (ア)医療費、寄附金の領収書
 (イ)健康保険料、介護保険料の領収書等
 (ウ)国民年金保険料、生命保険料、地震保険料等の控除証明書
 (エ)障害者手帳、学生証等の証明書
5.マイナンバーの分かるもの
  申告書にはマイナンバーの記載が必要です。
  平成28年分から所得税・復興特別所得税や消費税・地方消費税、贈与税、市県民税の申告書には
  「マイナンバー(個人番号)の記載」と「本人確認書類の提示または写しの添付」が必要です。
申告の受付期間
令和2年2月17日(月)~令和2年3月16日(月) (※土・日曜日、祝日は除く)
市県民税申告相談受付場所および日程
会場 相談日時
笹子出張所
令和2年2月19日(水)
初狩出張所
令和2年2月20日(木)
七保出張所
令和2年2月21日(金)
梁川出張所
令和2年2月27日(木)
猿橋出張所
令和2年2月28日(金)
富浜出張所
令和2年3月2日(月)・3日(火)
大月市民会館
令和2年3月5日(木)・3月6日(金)
※今年度は2日間とも中止となりました。
市役所税務課(窓口)
開庁日(受付時間:午前9時~午後5時)

上記表の相談日時の受付時間は、午前9時から午後4時までとなっています。
(※税務課窓口の受付時間は異なりますので、ご注意ください。)

確定申告の受付期限及び納付期限の延長について

 国税庁では、新型コロナウィルス感染の拡大防止の観点から、確定申告書の受付期限を令和2年4月16日(木)まで延期することとしましたが、大月市役所での確定申告書の受付は、従前の通り令和2年3月16日(月)で終了となります。
 つきましては、3月17日(火)以降に確定申告をされる方は、大月税務署(代表電話番号:22-3151)にて相談・提出をお願いします。

国税局・税務署よりお知らせ


市県民税申告書の様式

お問い合わせ先

市民生活部 税務課 市民税担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8016
FAX:0554-30-1017

▲ページのトップへ