トップ > 健康・福祉 > 医療・国民健康保険 > 大月市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)

大月市国民健康保険保健事業実施計画

第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)中間評価の実施について

大月市では、平成30年度から令和5年度までの6年間を計画期間とする「大月市国民健康保険第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)」を策定し、健康の保持増進のため、効果的な保健事業の推進を図っているところです。
このたび、当計画の中間年にあたる令和2年度にこれまでの取り組みや達成状況などを分析・評価する中間評価を実施いたしましたので公表します。

大月市国民健康保険第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)中間評価PDFファイル(660KB)

保健事業実施計画(データヘルス計画)とは

データヘルス計画とは、健康・医療情報(健康診査の結果や診療報酬明細書(レセプト)等)のデータを活用・分析し、PDCA(計画・実施・評価・改善)サイクルに沿った、効果的かつ効率的な保健事業を行なうための実施計画です。

保健事業実施計画(データヘルス計画)の内容及び期間

被保険者が自分の健康状態を把握し、生涯いきいきと自分らしく生活することができるよう、特定健康診査の結果やレセプト等の医療情報等、保有しているデータを活用しながら、下記の事業を実施します。
第2期計画の計画期間は平成30年度から令和5年度の6か年です。

○国保データベースを活用し、健診・医療等に関するデータの分析と課題の抽出
○分析結果から明確になった健康課題に取り組むための保健事業の見直し
○特定健診受診率向上のための事業
○生活習慣病発病予防・重症化予防のための事業

大月市国民健康保険第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)PDFファイル(1630KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 国保年金担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8037
FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ