トップ > 健康・福祉 > 医療・国民健康保険 > 職場等で健診を受けられる方へ

特定健診を受けずに職場等で健診を受けられる方へ

健診データの提供をお願いいたします

 大月市国民健康保険に加入されている40歳以上の方で、市の特定健診を受診せず職場で健診を受けられる方や個人で健診を受けられる方は、市への健診結果の提供にご協力をお願いいたします。提供いただいた健診結果は、大月市の保健事業や統計事務等に活用させていただきます。

対象となる方

 40歳以上の国民健康保険被保険者(加入されている方)で、市の特定健診・すこやか大月市民健診を受けず職場の健診や個人で人間ドック等を受けられる方

提供していただくもの

・令和4年度中に受診した健診の結果票(原本はお返しします)
健診結果提出同意書兼質問票PDFファイル(104KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

◎必要な検査項目(健診結果票に記載されているか確認をお願いします)
身長・体重・BMI・腹囲・血圧(収縮期/拡張期)・血液(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール※1 ・GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GT(γ-GTP)・空腹時血糖又はヘモグロビンA1c※2 )・尿(尿糖・尿蛋白)・健診年月日・健診機関名・健診医・医師の診断(判定)
※1 Non-HDLの場合も可
※2 測定しない場合、随時血糖も可

健診結果の提供方法

 健診の結果が出ましたら健診結果票と健診結果提出同意書兼質問票を市民課国保年金担当へご提出ください。
(健診結果提出同意書兼質問票は窓口にもございます)

個人情報の取扱いについて

 提供いただいた情報は市の条例に基づき適正な取扱いをしており、ご本人の健康管理を行うための保健指導や健診データの集約・分析以外の目的で使用することはありません。

健診結果を提供いただきたい理由

 特定健診受診率に応じて国からの交付金が交付されるので、国保財政の安定化につながります。
また、今後の保健事業の展開を検討するうえで貴重な資料となり、多くの被保険者の健診結果を収集することで、大月市の現状に合った保健事業が計画・実施できます。現状に合った保健事業の実施により生活習慣病の重症化を防ぐことができれば、医療費も抑制でき、患者・保険者ともに負担が軽減されます。さらに医療費の抑制につながれば、国民健康保険税の軽減が実現する可能性もあるため、最終的に被保険者の負担が軽減されることにもなります。

事業主の皆様へ

 事業者健診結果データをご提供いただければ、大月市の特定健診を実施したものとし、健診結果で保健指導の対象となる場合は大月市から特定保健指導のご案内をさせていただきます。事業主の皆様には、従業員の方に特定保健指導を受ける機会を確保し健康管理に役立てていただくために、事業者健診の結果データをご提供くださいますようよろしくお願いいたします。
なお、事業主が保険者の求めに応じて行う、特定健診項目に該当する健診結果データの提供は、高齢者の医療の確保に関する法律第27条に基づく提供であるため、個人情報保護法に制限されず、従業員本人の同意なく行うことができます。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 国保年金担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8037
FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ