トップ > くらし・生活 > 届出・登録・証明 > 大月市 転入届

転入届

ほかの市区町村から大月市に転入してきた際に、新しい住所地に住み始めた日から14日以内に市役所窓口もしくは、出張所にて転入の手続きが必要になります。(14日を過ぎても転入の手続きはできますが、正当な理由がなく14日以内に届出をしないときには、過料が科せられることがありますのでご注意ください。)

届出される方

・本人
・世帯主
・代理人

※代理の方は、委任状が必要になります。

手続き方法

・市役所1階市民課もしくは、出張所にて転入届(住民異動届)をご記入ください。
大月市に転入された方へPDFファイル(447KB)

持参するもの

・窓口に来る方の本人確認書類
・代理人の場合は委任状と印鑑
・前住所地の市区町村が発行した転出証明書
・マイナンバーカードまたは住基カード(お持ちの方)
・外国人住民の方は、在留カード、特別永住者証明書等をお持ちください。

国外から転入される方

・転入される方全員のパスポート(必ずお持ちください)
・戸籍(全部・一部)事項証明 (戸籍の謄抄本 転入者の記載されたもの)
・戸籍の附票(全部・一部) (転入者の記載されたもの)
※本籍地が大月市の場合、戸籍の証明は省略できます。

マイナンバーカードまたは住基カードを利用した転入届(特例転入)

転入する方の中にマイナンバーカードまたは住基カードを持っている方がいる場合は、カードを利用した転入届をすることができます。
(転出市区町村に、一定の事項を記入した転出届をする必要がありますので、転出届の方法等は、転出市区町村にご確認ください。)
また、転入後も引き続きカードを継続利用することができます。

マイナンバーカードまたは住基カードを利用しての転入届の留意事項

  1. 転入手続きの際、有効なマイナンバーカードまたは住基カードが必要になります。有効期限切れのカード、紛失などカードがない場合は、転入の手続きが行えませんので、転出地市町村で転出証明書の交付を受ける必要があります。
  2. 転出予定の日から30日を経過した後や大月市に住み始めて14日を過ぎた後に転入の手続きを行った場合は、マイナンバーカードまたは住基カードを利用した転入届が行えない場合があります。
お問い合わせ先

市民生活部 市民課 戸籍住民担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8022
FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ