トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 大月市 在宅福祉サービス 要援護高齢者外出支援サービス事業

要援護高齢者外出支援サービス事業

電車・バスなどの交通機関を利用することが困難な住宅の要援護高齢者などが通院などで外出のために利用するタクシーの利用料金の一部を助成する事業です。

対象者は

市内に在住し、医療機関などへ外出する65歳以上の要援護高齢者で、当該年度(4月から6月の間に申請する場合は前年度)の市民税が非課税である世帯に属している方。ただし、大月市在宅重度心身障害者タクシー利用料金助成制度を利用されている方は、対象外とします。

※要援護高齢者とは

この事業において、要介護度が1以上の方をいいます。
なお、要支援認定の方は、相談してください。

助成金額は

利用1回につき中型タクシーの初乗運賃の額とします。
利用券は、利用者1人につき1か月あたり2枚(2回分)を限度として交付します。

利用するには

イラスト 外出支援 次に相談してください。
・福祉介護課 介護予防担当 (電話 0554-23-8034)

申請後、利用の可否について調査します。
お問い合わせ先

市民生活部 福祉介護課 介護予防担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8034
FAX:0554-22-6422

▲ページのトップへ