トップ > 子育て・教育 > 子育て > がんばろう大月・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

がんばろう大月・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分) ※本事業は終了しました。

 「がんばろう大月・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)」は、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援をするため、大月市の独自支援として、令和3年4月分の児童扶養手当受給者等に、国の「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)」に、児童1人につき5万円の特別給付金を上乗せして支給するものです。

支給対象者

 支給対象者は、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)と同じです。

 A)令和3年4月分の児童扶養手当が支給される方

 B)公的年金等(※1)を受給しており、令和3年4月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方(※2)

 ※1 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など。

 ※2 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和3年4月分児童扶養手当の支給が全部又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

★ 申請者本人と扶養義務者全員の平成31(令和元)年中の収入額が児童扶養手当法で定められている所得制限限度額に相当する収入未満である方が対象となります。

 C)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方(※3)

 ※3 申請者本人と扶養義務者全員の令和2年2月以降の収入額が児童扶養手当法で定められている所得制限限度額に相当する収入未満である方が対象となります。

支給内容

支給対象児童1人あたり 5万円

申請方法

原則、申請は不要です

国の手続きに合わせて支給します。


【ご注意ください】

※ 給付金の支給を辞退する場合は、給付金受給拒否の届出書(様式第1号)の提出が必要です。

※ 児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約しているなど、給付金の支給に支障が出る恐れのある場合は、給付金支給口座登録等の届出書(様式第2号)により変更手続きをお願いします。

お問い合わせ先

市民生活部 子育て健康課 子育て支援担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8032
FAX:0554-22-6422

▲ページのトップへ