トップ > 健康・福祉 > 医療・国民健康保険 > 大月市 退職者医療制度

退職者医療制度

会社を退職して国保に加入した人が厚生年金または共済年金を受け取るときは、年金受給権が発生した日から国民健康保険の退職被保険者なります。本制度に加入した被保険者の医療費は退職前に加入していた被用者保険からの費用負担で補われます。

 ※平成20年度医療制度改革に伴い、平成27年3月末で退職者医療制度は廃止となりました。ただし、すでに退職者医療制度に該当している方は、65歳の年齢に到達するまで経過的に継続します。

対象になる人

退職者本人

平成27年3月31日までに国民健康保険の資格を取得した人で、取得日時点で次の条件を満たす人
・厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金を受給している人(受給権が発生している人)で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降の加入期間が10年以上ある人
・65歳未満の人

被扶養者

平成27年3月31日までに国民健康保険の資格を取得した人で、取得日時点で次の条件を満たす人
・退職者本人と同一世帯に属し、生計が同一であり、年間収入額が130万円未満の人(60歳以上の人は180万円未満)
・65歳未満の人

手続きに必要なもの

 年金証書などを受け取ったら、14日以内に年金証書、保険証、印鑑を持って市役所市民課国保年金担当に届け出てください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 国保年金担当
〒401-8601 山梨県大月市大月二丁目6番20号
ダイヤルイン:0554-23-8037
FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ