本文へスキップ

緑とせせらぎのまち 山梨県 大月市

電話でのお問い合わせはTEL.0554-22-1251

〒401-0015 山梨県大月市大月町花咲1225番地

臨床研修センターclinical practice

センター長挨拶






〒401-0015
山梨県大月市大月町花咲1225番地
大月市立中央病院臨床研修センター長
野村 馨
e-mail: nomura-10319@city.otsuki.lg.jp

大月市立中央病院は、大月市で唯一の自治体病院です。基幹病院として地域の救急、療養、リハビリなど幅広い医療サービスを住民に提供してきました。また東京女子医科大学、山梨大学医学部附属病院とも人的交流を通じて連携しており、高度医療の窓口となっています。
 この地域医療の実績を医学生、研修医の教育に還元すべく、2013年5月に臨床研修センターを新設し、私がセンター長となりました。超高齢化社会の担い手は地域にあります。変質する医療とその対応について学ぶ研修の場を提供します。当院の急性期病棟、療養病棟、ER、一般外来での研修のほかに地域医師会、市役所などと協力してへき地巡回診療、在宅診療、地域包括支援センター活動、大月市役所保健介護課活動なども研修カリキュラムに含んでいます。地域医療の360度を見渡せる研修内容となっています。
 また、2015年4月から日本プライマリ・ケア連合学会認定の専攻医(3年間の後期研修)の研修も開始しました。まだ設立して日の浅い臨床研修センターですが、多くの医療介護関係者及び住民の皆さまの支援を受けて、地域ネットワークは着実に強化されています。大月で学びたい方の参加を期待しております。

臨床研修センター 年譜


2013年5月 新設(センター長 野村馨 赴任)
2014年4月 初期研修医地域医療研修(1か月)開始
        東京女子医科大学病院、山梨大学医学部附属病院の初期研修医受入開始
2015年4月 
日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医医療後期研修プログラム(ver2.0)に
        
「大学病院と連携する大月市立中央病院家庭医医療総合診療医養成コース」が認定
     4月 上記プログラムに1名参加
     4月 東京女子医科大学医学部5年生の地域医療実習開始(2週間)

内容

 



平成29年度 研修実績(PDF)2017.8.9


【報告】都留医師会学術講演会「C型肝炎の最新治療」(2017.7.12)

【報告】地域包括ケア会議「医療と介護の連携を進めるワーキング」(2017.7.5)

【報告】第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(2017.5.13-14)

【報告】大月市ケアマネージャー会議 講演(2017.2.15)

【報告】第1回医療倫理講習会(2016.6.24)

【報告】第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(2016.6.11)

【報告】日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門研修プログラム


 



































大月市立中央病院大月市立中央病院

〒401-0015
山梨県大月市大月町花咲1225番地
TEL 0554-22-1251
FAX 0554-22-3765