トップ > 産業・まちづくり > 地域おこし協力隊 > 地域おこし協力隊

大月市地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは

 人口減少や高齢化等が著しい地方では、地域力の維持・強化を図るためには、担い手となる人材の確保が特に重要な課題でした。一方、都市住民では、豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた地域で生活することや地域社会へ貢献することに対するニーズが高まっていました。
 この課題とニーズを背景に、地方が都市住民等を積極的に誘致し、その定住・定着を図り、地域力を維持・強化しようとする制度として「地域おこし協力隊」が創設されました。
 地方は、意欲ある都市住民等を「地域おこし協力隊員」として委嘱(1年単位で3年まで延長可)し、隊員の活動や定住・定着に向けた支援を行い、隊員は、地域力の維持・強化に資する活動を行いつつ、その地方への定住・定着への道を探していくこととなります。
 なお、地域おこし協力隊員の活動に要する経費については、国の特別交付税措置の対象となっています。

地域おこし協力隊員を委嘱しました!

 大月市では、
平成27年4月 観光振興事業協力隊 2名
平成28年5月 農業協力隊 1名
平成29年1月 農業協力隊 1名
の隊員を委嘱しました。
 これからは、大月市に住み、地域の皆様と協働し、地域の活性化に向けたまちづくりに取り組んでいっていただきますので、市民の皆様の温かいご支援とご協力をよろしくお願いします。

隊員紹介!

観光振興事業協力隊

・氏名     : 鈴木 涼平(すずき りょうへい)
・活動区分  : 観光振興事業
・配属部署  : 産業観光課(商工観光担当)
・現住所    : 梁川町立野
・前住所    : 東京都青梅市
・活動開始日: 平成27年4月~

★隊員から一言
 これまで行ってきた猿橋遊覧事業、ジビエの活用に加え、今年度はラフティングやシャワークライミングの事業化を準備中。
 引き続き大月市の自然を生かした観光を開発していき、猿橋遊覧事業は今年度も4月から運航中です。
 2017年協力隊最後の年になりますのでよろしくお願いします。

・氏名     : 林 厚志(はやし あつし)
・活動区分  : 観光振興事業
・配属部署   : 産業観光課(商工観光担当)
・現住所    : 七保町下和田
・前住所    : 富山県高岡市
・活動開始日 : 平成27年4月~

★隊員から一言
 昨年度より大月駅近くの岩田邸を借り受け、インバウンドを視野に入れた、コミュニティスペース作りを始めています。
 今年度はこの取組みを拡充させ、様々な催し物を開催していきます。みなさま、ぜひご参加ください。

農業協力隊

・氏名    : 若林 正樹(わかばやし まさき)
・活動区分  : 農業
・支援機関先 :野草のさと・大月加工センター
・現住所   :大月市大月
・前住所   : 東京都武蔵野市
・活動開始日: 平成28年5月~

★隊員から一言
東京都武蔵野市出身。支援先の野草のさとに在しながら畑を耕し、素材から食を開発中です。
デザイン、料理人の経歴を活かしながら野菜を通した楽しみを大月市より世界に発信すべく農業を1から学んでいます。市内料理教室、料理催事や、弁当づくりなども行っています。

・氏名    : 三輪 美帆(みわ みほ)
・活動区分  : 農業
・支援機関先 : 野草のさと・大月加工センター
・現住所   : 大月市富浜町宮谷
・前住所   : 愛知県豊田市
・活動開始日: 平成29年1月~

★隊員から一言
はじめまして。ハーブ農業での地域おこしとして、愛知県からまいりました。
バイオ・ダイナミック農法や循環農法といった自然農法の良い所を活かすべく、試行錯誤しております。低コストかつ生命力の強い作物という付加価値の高いものを目指します。
大月のみなさまの農業の智恵もぜひお貸しください。

大月市地域おこし協力隊の活動状況

大月市地域おこし協力隊Facebookこのリンクは別ウィンドウで開きます

大月地域おこし協力隊活動報告書PDFファイル(4249KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

総務部 企画財政課 地域活性化担当
大月市大月二丁目6-20
ダイヤルイン:0554-23-5011 FAX:0554-23-1216

▲ページのトップへ