トップ > まちのニュース > 大月市 まちのニュース 「がんばろう!!大月短期大学 学生生活応援商品券」の配布を開始

「がんばろう!!大月短期大学 学生生活応援商品券」の配布を開始

 大月短期大学では、前期授業を全てオンラインで行っていましたが、9月21日から後期の授業が始まり、一部で対面授業を再開。全国各地から入学してきた学生たちの大月市で過ごす時間が増えていくことから、本市での学生生活に早く慣れてもらいたいという想いを込めた「がんばろう!!大月短期大学 学生生活応援商品券」(大月商店街協同組合商品券3,500円分)の配布を始めました。
 対象は在学生450名。経費は、短大後援会、学生自治会、教職員親睦会が支援し、大月商店街協同組合のご厚意により500円分のプレミアムも付けていただきました。
 商品券を受け取った学生は、「焼き鳥が食べたい」「教科書を買いたい」と約50ある店舗に興味を持った様子。短大生活でたくさんの思い出をつくり、充実した日々が送れることを願っています。

栁沢学長よりメッセージ
「全国から来ている学生には、この商品券を地元商店で使用することで地元とふれあい大月での学生生活に早くなれてもらい、更にこのことがコロナで影響を受けた地域経済の活性化にもつながればと期待している。」

学生生活応援商品券の配布

▲ページのトップへ