トップ > 健康・福祉 > 健診・健康 > 麻しん流行注意喚起

麻しんの流行にご注意を!

 平成30年3月に沖縄県で、台湾からの観光客が麻しん患者であったことを発表しました。山梨県においては、現在数件の報告があり、今後発症予防に努める必要があると考えられます。
 麻しんかと思われる症状が見られたら、早めに受診しましょう。また、患者数の多い地域への訪問には留意し、感染しないようにしましょう。

麻しんとはどんな病気?

 麻しんウイルスがせきやくしゃみなどで細かい唾液とともに空気中に飛び出し人に感染します。とても感染力の強い病気です。潜伏期間は、7~11日と言われています。38℃以上の熱が出て、咳や目の充血などの風邪症状を伴 います。2~3日すると熱はいったん下がりますが、すぐに前より高い熱が出て頬の内側に“コプリック斑”という特徴的な発疹が現れます。10~12日で良くなりますが、肺炎や脳炎などをおこし重症になる事があります。
 麻しん(はしか)は、年齢が大きくなると症状が重くなります。日本では、ワクチン接種が行われるようになってから以前ほどの流行はなくなりましたが、はしかにかかった人のうち、1,000人に1人の割合で死亡することがあります。

予防接種を早めに受けましょう

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)
★対象者★
 第1期:生後1歳~2歳に至るまで
 第2期:年長児

*対象者には、通知を出しています。第1期対象者は、生後1歳3か月までに、第2期は就学前までに接種を済ませるようにしましょう。

関連リンク

山梨県 ホームページ

お問い合わせ先

市民生活部 保健介護課 健康増進担当
大月市大月二丁目6-20
ダイヤルイン:0554-23-8038 FAX:0554-22-6422

▲ページのトップへ