トップ > 業務案内 > まちづくり創生課 > 大月市立地適正化計画

大月市立地適正化計画

立地適正化計画とは

急激な人口減少、高齢化の進展を背景として、平成26年に都市再生特別措置法が改正され、立地適正化計画制度が創設されました。

「立地適正化計画」は、居住や必要な都市機能の適正な誘導を図ることで、人口減少の中でも一定の人口密度を維持しながらコンパクトなまちづくりと公共交通の確保を図り、持続可能な都市づくりを推進していくための計画であり、都市計画区域内を計画範囲とし、用途地域内に重点を置いた都市計画マスタープランの高度化版と位置付けられるものです。

制度の詳細につきましては、以下の国土交通省のホームページをご覧ください。 

国土交通省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます (新しいウインドウが開きます)

大月市立地適正化計画の策定状況について

大月市は、平成28年度に「おおつき創生都市計画マスタープラン」を策定し、29年度中に「大月市立地適正化計画」を策定する計画で作業を進めております。

立地適正化計画の策定にあたり、学識経験者や市議会、交通、経済、観光、医療、金融関係、市民の代表者で構成する「大月市まちづくり推進協議会」を設置し素案について検討しておりますので、検討状況を以下の通りお知らせいたします。

・第1回協議会概要(平成29年7月5日開催)PDFファイル(367KB)


素案については、11月を目途にパブリックコメントをいただく予定です。

お問い合わせ先

総務部 まちづくり創生課 まちづくり創生担当
大月市大月町花咲1608-19
ダイヤルイン:0554-20-1831 FAX:0554-20-1533

▲ページのトップへ